読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VR(バーチャルリアリティ)の向かう先とは

 今年ももうあと一ヶ月となりました

今年はどういった年だったかと振り返って見るときふ

個人的には11年間勤めた会社を退職したりして

まさに人生の転換期であったと思います

 

また世の中的には今年も様々なことが流行りました

 

その中でこれはすごい時代の始まりであると感じましたのは

VR(バーチャルリアリティ)が一番衝撃を受けました

 

ゲームがいち早く商品化されましたが、これから恐らく色々な市場で

取り入れられていくのは間違いないことがわかります

 

このVRは正に昔テレビなどで見てきたそのものです

 

個人的に期待しているのが

旅行関係の宣伝などで使われることでしょうか

 

もうパンフレットなどで詳しく説明してもらわなくても

 VRで体験すればすぐに伝わります

 

今まではパンフレットなどで拝見し想像を描きめぐらせたりして楽しんできましたが

近い未来、そういった概念はなくなるかもしれません

 

代理店とかのあり方も変わるかもしれませんね

 

自宅のインターネットを介し旅行会社がバーチャルリアリティでプレゼンする

 

正にハリウッド映画などで私たちが見てきた世界です

 

ここに例えば香りやなどで視覚以外のアプローチを感じれることが出来れば

もう現実世界との境目がわからなくなりますね

 

旅行会社以外にも飲食関係なども非常に面白いかと思います

 

嗅覚と視覚から味が想像出来るものもたくさんあるかと思います

 

確実に人間の食欲にアタックできるでしょうね

 

もう食べた気になることもできるのではないでしょうか 笑

 

あと十年後にはどのようなことが出来るようになっているのか

考えただけでワクワクします