読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢に逆行していこう!

昨日は近くに住んでいる母親のところに行ってきました

電球を換える作業が高いところにあるので背が低い母には難しいとのとです

 

その電球を換えるついでに妻と一緒に食事をすることになりました

 

なので私が電球を替えている間に母と妻が食事を用意するという分担作業です

 

美味しいお鍋を皆んなで食べている時にふと思い出しましたのが

去年母にプレゼントをしたアンドロイドタブレットでした

 

60を過ぎた母がタブレットを希望したのではないですが

私から使って欲しいと思ったのもありますので半々です

 

聞いたところ案の定ですが、やはり全く使っていませんでした

 

当たり前ですが、元々機械音痴なのと周りに教えてくれる方とかがいてないので怖くて触れなかったそうです

 

私も教えようと思っていたのですが中々機械がなくて今のままでした

 

あとは本人もそこまで覚える気もありませんでしたので当然のことですね

 

でも母にも言ったのですが

なんでタブレットを渡したのかというと

 

何かを覚えようとか挑戦しようという気持ちがなくなると頭を使わなくなり

老化していく

 

と思っていましたからです

 

歳をとるとそういった物は身体の衰えなどにより物理的にも挑戦しづらくなっていくのは確かでしょう

 

でも同じ年齢でも

何かを勉強をしようとしたりする方と、そうでない方は

見た目にも若さが全然違います

 

知り合いでもいるのですがその方は62歳だったと思いますが

パソコンの専門用語でも全然通じます

 

背も見た目は10歳は若く見えます

 

単純に目の輝きとかそういったものでしょうが

生きるエネルギーみたいなものをひしひしと感じられます

 

私の母にもそれぐらいのエネルギーを持って欲しいのが本心です

 

 

歳をとってなお若い

 

 

今の自分自身が人生で一番若い瞬間

 

 

母に言ってるのと同時に自分自身にも言い聞かせているところではあります