読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極上の蟹に再び会いました! VOL2

柴山の蟹編の続きです

 

今日は茹でガニ

 

ちなみに国産のブランドのズワイ蟹には見分けがつくように「タグ」がつけられているようです

 

柴山港で挙げられる

一定の水準を超えたズワイ蟹には

「柴山蟹」の称号がつけられ

ピンク色のタグがつけられ見分けられるようになっています

 

ちなみに近くの津居山という港で

採れる「津居山蟹」は青のタグがついています

 

こちらも柴山に劣らず

めちゃくちゃ

美味しいそうです

 

さて茹で蟹

 

ここ「きむらや」さんでは

勿論注文するコースに寄りますが

この茹で蟹

なんと半匹の量とボリュームが

半端じゃないです 笑

 

はっきり言って

刺身、茹で蟹だけで

もう、すでに満足感で満たされています

 

この満足感が出てきているのは

まだオードブルの段階

 

ここからメインが連発できます

 

それくらい

「きむらや」さんの蟹は凄いんです

 

話が逸れましたが

茹で蟹、こちらは茹でる時に塩を少ししか入れないそうです

 

食べてみると

塩加減がほんとにちょうど良く

甘みと旨みで

無心で食べてしまいます 笑

 

しかも蟹のサイズが大きいので

食べても食べてもまだあります

 

別に蟹味噌を出してくれているんですが

時々その蟹味噌に茹で蟹をむいたものを

つけて食べます

 

これがもう至福です

 

旨みの最高到達点の一つではないでしょうか

 

甘みのある茹で蟹に蟹味噌のコクが

絡まって、なんとも言えない味になります

 

と茹で蟹だけで一話終わってしまいました 笑

 

次回はメイン料理をご紹介させていたどこうと思います